ふたぎのあれこれ | 執筆、観劇をする傍ら思ったことをつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ふたぎ おっと on  | 

新作の構想~Journey of Life~

こんばんは、ふたぎです。

先日獣人の論議をいろいろかましていたわけですが、結局あれをどうのこうの話したところでっていう気にもなってきましたww(オイ

というわけで、新たな作品の構想を組み立てているところです。
題して「Journey of Life~夢のユートピア~」。
エドモンド国の西に位置するマクファーレン領には大きな大きな湖があり、そこにはブルペス島という島が浮かんでいる。
この島には、キツネの耳やしっぽ、キツネのような模様のついたキツネ獣人たちが暮らしていて、10年前よりマクファーレン家との交流が盛んになった。ブルペス島ではマクファーレン家による教育が行われ、毎年成績の優秀な数名を本土に留学させることが風習となっている。
キツネ獣人たちは留学を目指して勉強に励む。
16歳のキツネ獣人の娘リブもその一人で、今年遂に留学生に選ばれ、いよいよ出発の時を迎える。

しかし、マクファーレン領への留学には一つだけ謎なことがあった。
この制度が始まって以来、誰一人として島に帰ってこなかったのだ――。


色々問題点がありまして。
まずキツネ獣人ってあるのですが、そもそもキツネってあんまり群れで暮らさないんですよねww
一説によると繁殖期だけは群れで暮らすらしいのですが、まぁ群集性については明らかにされていないようで。
なのでブルペス島の生態自体につっこみどころが出来てしまったり。

あと時代背景とかどうする?とかいうところも悩みどころでして。
だって中世だったら爵位云々の話があるじゃないですか。
あの辺をどうするかっていうので悩み中です。

というのも実はこれ、前作がありまして、前作は「Journey of Life~フーラとルイスの出会い~」とかいう別の島のお話なのですが、これは完全に現代をイメージしながら書いたので、爵位あれこれ考えなくてもよかったのですよ。
悩みどころです。
ちなみに前作では大きなテーマを入れて書いていたのですが、その辺をどうするかなとも悩み中でして。
前作も直さないとはいけないんですけどね。

最近色々書いてますけど、同時に新しいお話の構想にも時間が割かれていますノノ
なかなか時間ないですね汗
早く書き始める段階までいければいいのですががががが。

スポンサーサイト

Category : 創作談議
Posted by ふたぎ おっと on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。