ふたぎのあれこれ | 執筆、観劇をする傍ら思ったことをつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ふたぎ おっと on  | 

マーマレードボーイlittle

こんばんは、ふたぎです。

つい昨日、ふらっと寄った書店で衝動買いしてしまいました。

ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)
(2013/11/25)
吉住 渉

商品詳細を見る
ママレード・ボーイ little 2 (マーガレットコミックス)ママレード・ボーイ little 2 (マーガレットコミックス)
(2014/05/23)
吉住 渉

商品詳細を見る


これは私が幼稚園児の頃、今で言うとちょうどプリキュアがやっている時間帯にマーマレードボーイというのがやっていたのですが、それの続編というかスピンオフというかそんな感じ。
そもそもマーマレードボーイって、主人公の光希の両親と、相手方の男の子・遊の両親がそれぞれ入れ替わって離婚再婚して、両親4人となんかかっこいい男の子と家族になっちゃった!?から始まる、遊とのラブストーリーなわけです。正直、朝のアニメにするには複雑すぎる設定でしたね笑
私もマーマレードボーイを理解したのは、小学生になってからでしたよw

で、今回のマーマレードボーイlittleはというと、光希と遊の両親が入れ替わってから出来た妹(立夏)と弟(朔)のお話です。中学に上がった幼い二人は、ずっと同じ家で過ごしてきたわけで、立夏は朔のことを弟として扱ってきた。だけど二人に血の繋がりはなく、朔はずっと立夏のことを女の子として見てきたようだが……?

メインの話自体は立夏と朔に焦点が当てられているのですが、彼らの兄姉である光希と遊のその後も、彼らの学校の先生があいつだったり、彼らの同級生があの人たちの子供だったりと、マーマレードボーイ世代にも楽しめるお話になっています。

早く続巻出ないかな?
出たら即買おうと思います。


それにしても、こういう自分が子供の時に親しんだマンガのスピンオフ的なのが今になって出ると嬉しいものですね。
「ご近所物語」の「パラダイスキス」然り、「グッドモーニングコール」の「グッドモーニングキス」然り。
特に私にとって、りぼんって小学3~6年生が全盛期(神風怪盗ジャンヌとかギャルズとかもその辺)だったから、特にその時代のが今になってやってくるとなると嬉しくなるものです。
吉住渉先生の作品も、マーマレードボーイだけじゃなくて「ミントな僕ら」もスピンオフしてくれると嬉しいのですが、そういうわけにはいかないのかな?

あ、りぼんの漫画といえば思い出した。
「ペンギンブラザーズ」の作者の漫画も結構好きでした。

久々にあぁいうの、読むのもいいですね
スポンサーサイト

Category : わたくしごと
Posted by ふたぎ おっと on  | 2 comments 

-2 Comments

夢幻キリコ says..."こんばんは^^"
こういう記事を読むと、おっとさんも女の子なんだなぁなんて失礼なことを思っちゃいますw
「マーマレードボーイ」懐かしいです^^
2014.11.15 22:25 | URL | #7Vwe54W6 [edit]
おっと says...""
>キリコさん

なかなかひどいですな笑
おっとさんも女の子です!!(キリッ

マーマレードボーイ、いいですよね^^
あれは何回見てもきゅんきゅんしますw
2014.11.15 22:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。