ふたぎのあれこれ | 執筆、観劇をする傍ら思ったことをつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ふたぎ おっと on  | 

北海道のみどころ~函館~

こんにちは、ふたぎです。

さてさて、前回に引き続き、北海道の見所をご紹介します。
前回は札幌から日帰り圏内を紹介したわけですが、今回は日帰りが出来ないところをご紹介しましょう。

と、思っていたら、案外函館の話題だけで中身が濃くなってしまったので、今日は函館の話をしましょう。


まずは札幌から南西へ6時間。
DSCF0189.jpg

北海道の歴史は、1400年代まではほとんどアイヌの続縄文文化的な感じで、コシャマインとかシャクシャインとかがあれこれしていた時代(室町くらい?)からドラマというドラマが始まってきた(と認識している)のですが、その中でも本州と北海道を結ぶ玄関口は、ここ函館だったわけです。

元々松前藩の要所である函館は、江戸中期以降からは港町としてそれなりに栄え始めました。
更に、幕末のペリー来航に伴い、開港した港というのも、ここ、函館です。
更に更にいえば、幕末の戊辰戦争末期の函館戦争というのも、ここが舞台です。
つまりつまり、土方歳三と五稜郭なわけです。

DSCF0153.jpg
これは五稜郭タワーから撮った写真です。
まぁ、正直なことを言えば、社会の教科書に載っているイメージで言えば、「あれ?五稜郭ってこんなもん?」って感じだったりするわけですが……。

かつては歴史の大舞台にあった五稜郭は、今は五稜郭公園として、市民に馴染まれる公園になっています。
函館には一時期住んでいたことがありますが、GWにはここでお花見ジンギスカンパーティー略してお花見ジンパをしたり、何かとここでイベントが開催されていたりします。

DSCF0147.jpg
函館と言えば、海鮮ものが安かったりもします。
ここは函館駅前にある函館朝市。
まぁ、一応観光客向けなので、市内のスーパーや魚屋で買うよりは若干割高ではあるのですが、函館の海鮮もの雰囲気を味わうのなら良いのではないでしょうか?

ちなみに、函館で魚介類を安く買いたいのなら、スーパー魚長

おそらく市内観光しながらぶらぶら歩いていると色んなところにあると思うので、是非是非お土産に海産物を買うのならそちらで。



DSCF0190_2014121214274295b.jpg
函館朝市から少し西に歩くと、金森赤レンガ倉庫というのがあります。
何があるかと言われると、オシャレなカフェとおみやげ屋さんが沢山入っているのですが、何となく明治時代にトリップしたかのような、そんな気分を味わえます(歴史的なあれこれはあったらしいです)。


ちなみに、函館のグルメと言えば海鮮ですが、同じくらいか欠かせないものがこれ。
rappi.png
ご当地バーガーのお店、ラッキーピエロ。
元祖でぶやの石ちゃんとかも認めたご当地バーガー。
地元民にとってはとっても美味しいお店なのです。
バーガーとは言っていますが、メニューはバーガーだけではなく、オムライスやカレーもあったりします。
店舗によって違うらしいので、それも楽しみの一つかなと。


金森倉庫から少し歩くと、函館山が見えます。
函館山に登る途中で、旧函館区公会堂とかハリストス教会とかあったりするので、そちらに寄り道しつつ向かう先は展望台。

DSCF0173.jpg
100万ドルの夜景、函館山からの夜景です。

函館山はちょうど半島の先にあって、両側に海を一望できるのです。
なので、お昼に行っても楽しめる景色じゃないかなと思います。


函館山の夜景と言えば、少し私の下らないお話が。

<7年前 函館に行くときのお話>

母「100万ドルの夜景拝んでおいで!」
ふたぎ「うん、分かった!」

そうして函館に向かったふたぎJK。
当時好きだった男の子とメールのやりとりをしながら、函館観光を堪能。

男の子からのメール「函館どう? 夜景綺麗?」
ふたぎ「めっちゃ綺麗やよ! なんせ、百万石の夜景やからな!」
男の子からのメール「……は?」




函館から足を伸ばして、車で2時間ほど行くと、松前市に着きます。
DSCF6036.jpg
ここは本当に松前城と、北海道最南端の地、福島しかないのですが、歴史好きなら一度行ってみるのもいいと思います。
また、函館・松前と言えば結構クジラ漁も盛んなので、クジラを扱ったお店が多かったりします。
桜自体も、案外本州では見ない品種があったりするので、そういう楽しみ方も良いかと思います。


まだまだ色々と函館についてはあるのですが、ここらでやめておきましょう。
あ、ちなみに函館は住みたい街ランクに入っていたらしいのですが、実際、結構住みやすい場所かなと思います。
流行の○○とかを追いたいタイプならあまりオススメしないですが、ほどよく田舎で、生活にも困りません。

あ、それから、函館山からの夜景を紹介しましたが、実は裏夜景というのがいくつかあります。
知りたい方は是非調べてみるといいかと思います。



ではでは、次回は札幌から日帰り圏外をまとめて紹介します

スポンサーサイト

Category : 思ったこと
Posted by ふたぎ おっと on  | 2 comments 

-2 Comments

夢幻キリコ says..."こんばんは^^"
裏夜景気になります!

いやぁやっぱり北海道は見所が満載ですねぇ。
ほんと行ってみたい!><
2014.12.13 00:14 | URL | #7Vwe54W6 [edit]
ふたぎ おっと says...""
キリコさん

裏夜景スポットはいくつかありまして、もしキリコさんが函館に行かれる際に教えますよww
2014.12.13 01:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。