ふたぎのあれこれ | 執筆、観劇をする傍ら思ったことをつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ふたぎ おっと on  | 

夜尿症と夢遊病とアルコール

土曜のお昼からこんにちは、ふたぎです。

ブログを始めて早3日目の更新。
いやはや、これで三日坊主にはならなさそうで安心です(にっこり)
え、違う?
まぁ今のところ、ツイッターで話すことでも小説投稿サイトの活動報告に上げることでもないようなネタは沢山ありましてですね。とりあえずあれこれ語りたい!!ということで、今日もつらつら語ります。

さて、ご存知の人もいるかと思いますが、私は現在大学院生です。
で、夜遅くまで研究室で作業していることが多いのですが、これは今週月曜の深夜に起こったことです。(小説ちっくに)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(はぁ、今日も遅くまで作業、要領悪いなぁ私)

すると、研究室の扉が急に開く。
入ってきたのは同じ研究室の人(ここではAとしておきます)。
もはやこの研究棟に住みついているAは、いつも11時くらいに近くに飲みに行ってふらふら深夜に戻ってくるので、このときも同じだと思って私は作業を続ける。

しかし入ってきたはずのAがどこかに消えた。
それと同時に水音が聞こえてくる。

……ん? 水音?

扉と対面式に座る私の位置からは、扉の隣にある流しも見えるのだが、流しの水が流れている様子もないし、Aもそこにはいない。どうやらその水音は私の場所から死角のところから聞こえてくる気がする。

疑問に思った私は様子を見に行く。
そして衝撃を受けた。

「ちょ……な……何っしっしてるんですか!?(動揺)」
「ぇえ!? 何、いたの!? 見ないでよーえっち」
「いや、えっちとかじゃなくて、え……何して……!?(絶句)」
「何って漏れそうだったから」
「漏れそうって、トイレ行ったらいいじゃないですか!」
「だって漏れそうだったから」

そう、Aは私の位置から死角にあるゴミ箱に向かっておしっこをしていたのだ。
私が見つけたときはちょうどモノをしまうときだったが、そんなことよりもその行為自体にこちらは動揺と衝撃を隠せなかった。
しかしAはまったく悪びれる様子はない。
まさか、いつもこうしていたのかと、衝撃に衝撃が重なる。

「もう、本当にヒトの見るとかやめてよねぇ~」

とかほざいていつも寝ている部屋に向かうA。
私は言葉も発せずにその背中を見送る。
そして今の光景を頭の中で何度も再生する。

まさかいつもこんなことを本当にしていたのか。
私の研究室には発生源不明のちっちゃな虫が絶えずぷんぷん飛んでいるのだが、その原因はAなのではないかと沸々と怒りさえも湧いてくる。
しかしあんなに当然の如く言われたら、翌朝追究しようとしてもしらばっくれるだろう。
他の先輩に相談するべきか先生に言うべきか果たして自分の中に止めるべきか、それまで読んでいた論文がまったく頭の中に入ってこない。

しかし30分ほどしてAが戻ってきた。

「ねぇ、俺、今変な行動取ってないよね?」
「いや取ったし!!」
「え? 何してた?」
「そこでおしっこしてました!!!!(怒)」

私の発言に衝撃を受けるA。

「えぇ~嘘でしょ(笑)」
「ほんと、ここでしてたんだってば!!」
「俺を貶めようとしてるでしょ~妄想でしょお?」
「ちゃうし! そんなん妄想して何が楽しいねん!!」

聞けば、「漏れそう~~」って夢を見て起きたら漏れていなくてトイレでふぅ~とした後に確認しに来たらしいのだが、先ほどの行動はまったく覚えていない様子。
Aは半信半疑で例のゴミ箱を見る。
幸いなことに、Aのおしっこはゴミ箱にきちんと入っていてあんまり飛散していなかったのだが、それがAには余計信じられないようで。

「えぇ~酔ってる俺がピンポイントでゴミ箱にするとかありえないんだけど」

とか言って、入り口から入ってどうやっておしっこしたのかを覚えてもいないくせに現場検証するA。そして覚えていないくせに「ありえない」と言って私の妄想説を支持してくる。
私は必死でそのときの光景を説明するのだが。

そこで頭の中で一つの考えが思い浮かぶ。
まさかこれは……!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここでタイトル。
まず夜尿症とは、要するにオネショのことです。
子供にありがちな症状ですけど、夜尿症自体は成人でもたまに見られるそうです。どうやら成人では女性の方が多いらしいですね(ウィキペディア情報)
そこに夢遊病がくっつくことがあります。
どういうことかというと、夜中にトイレじゃないところでおしっこしちゃうらしいです。

このこと自体は、昔稲垣吾郎が出てた日曜夜8時の「特命なんたら2000X」ってバラエティで知ったのですが、5~6歳くらいの子供と、ストレス過多な成人に多い症状らしいです。
成人の場合、よくあるのは深酒した後、夜中に流しやクローゼット、ベランダや洗面所にしてしまうらしいのですが、翌朝起きたら本人はまったくそのときの記憶がないらしいです。

ここで誤解してはいけないのは、記憶がない=アルコールによるもの、というわけではないことです。

そもそも夢遊病とは、睡眠中に起こる人間の異常行動の一つで、眠りが深いノンレム睡眠の時に引き起こされるらしいです。身体は寝ている状態なのに脳が覚醒していて、感覚器官は機能しているそうで、一人で歩き回ったりすることが普通に出来るそうです(ただし脳で考えているところに身体が向かっているかは別)。
詳しくはhttp://xn--kss697d5fs.net/へ。

主な原因として考えられているのは、精神的に何か問題を抱えているということ。要するにストレスですね。
あとは脳の発達障害とか、てんかんなどの病気とか。

で、今回の件。

さっき、記憶がない=アルコールによるもの、ではないと言いましたが、つまりただの酔っぱらいの行動というわけではないのです。
しかしながら、アルコールの過剰な摂取は夢遊病を引き起こしやすくしているそうです。だから例えお酒に強くても、こういうことが起こる可能性は大いに考えられるそうです。

また、今回は「トイレじゃないところでおしっこ」ということでしたが、別にこういうことではなくても、本人が思いも寄らない行動を取ってしまうらしいです。
というのも、この話を研究室と無関係の先輩に話したら、その先輩もそういうことを耳にしたことがあるそうで、普段真面目な友人が、洗濯機にカップ麺の汁を入れてしまったらしいです。その人は翌朝まったく知らずに洗濯機を回してしまったそうで。
おしっこもこういうのも、単なる酔っぱらいレベルだったら、悪ノリしている以外普通しないんじゃないかなぁと思うのです。


つまり、普段の行動、普段の酔っているときの行動からとはまったく別の何かが、夢遊病の行動に繋がっているのではないかと。(個人的な見解)


まぁ、今回の件で言うとアルコールが夢遊病を引き起こすのであればあんまり飲み過ぎるな、ということになるのですが、何が夢遊病を引き起こすのかは完全に解明されているわけでもないらしいので、皆さま他人事だと思わずに。

個人的には生活習慣をきちっとしていれば問題ないのかなとも思いますが、それも謎ですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(再現ドラマの続き)

「え、俺の(自粛)見たの?」
「いや、見てないですけど、しまうところを見ました!」
「しまうところ~? 見てないんでしょ?」

んなもん、見たかないわ!

「俺、ピンポイントで出来るとかすげぇ」
「いや、すごいとかじゃなくて」
「えぇ、絶対してないって! 俺のこと貶めようとしてるでしょ~?」
「本当ですって! マジであんたしてたの!」
「えぇ……ぇえ!?(マスオさんぽく) マスオさんだよ~もぅ」
「…………バカですか?」
「(うろたえ)……妄想じゃないの?」
「はあ? んな妄想して何が楽しいねん!」
「ぇえ!? でじまぁ?」
「……まじでじま!!」

は!!
こんなときでもギャグに乗ってしまう私……いやいや。

そんなやりとりが続くこと30分。
それから「旦那がトイレじゃないところでおしっこ」というネットの記事を沢山読ませて、そのときの行為を認めさせたのであった。

スポンサーサイト

Category : 思ったこと
Posted by ふたぎ おっと on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。