ふたぎのあれこれ | 執筆、観劇をする傍ら思ったことをつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ふたぎ おっと on  | 

北欧12日間の旅~スウェーデンの田舎

こんばんは、ふたぎです。

さきほど盛大にツイッターで愚痴ってしまったのですが、すいません汗。
ただ、今日のブログのネタを考えてたら、類似することが目の前で起きたので、まぁなんか熱くなっちゃいました(陳謝


さてさて、旅レポの続きです。
前回でスウェーデンに上陸したふたぎは、学会のあるスウェーデンの田舎に来ました。

結構辺鄙なところで、学会があったとかも言っているので地名まで言うと特定されそうなので、あえてここでは言えませんが、バルト海が入り組んだ湾に面したところで、とても綺麗なところでした。

ホテルからのバルト海

朝、ホテルからの景色です。
窓越しなので若干ぼやっとしています。

バルト海

学会場からの景色です。
対岸にうっすらと見えるのは、同じ陸続きのスウェーデンなんですが、上述の通り、湾が入り組んでいるので天気がいいと対岸が見えます。

動物園からの景色

この学会、動物園にもお邪魔することがあるのですが、動物園から見た湾の景色です。
同じ湾なんですが、角度や場所によって見え方が全然違っていて、私はとても好きな景色でした。


ここは本当になにもない所なんですが、何もないところというと割と自然や住宅が魅力的だったりします。

ホテル前

都市部ではあんまり小さな家などを見ることはなく、ビルやマンションが多いので、こういった一軒家を拝めるのも田舎の魅力だと思います。
ちょっと歩くと、コープが見えてきました。

あのコープです!

スウェーデンにもコープがある

しかし品揃えは日本の物とはだいぶ違うので、そういうのを楽しむのも、現地のスーパーの楽しみの一つかと。


今回のスウェーデンの田舎で開催された学会は、毎年ヨーロッパの田舎で開催されているんですが、そういう機会じゃないと海外の田舎ってあんまり行かないですよね。
大抵、海外旅行をする時って、例えばフランスだったらパリ、ベルサイユ、マルセイユ、イギリスだったらロンドン、オーストラリアだったらシドニーかメルボルンって感じで、主要観光名所に行きがちです。
当然、限られた旅行の日程で行けるのって、大概そういうところなんだと思います。

でも、主要観光名所って言うのは、行ったことある人なら大概知っているものだったりするんですよね。
それはそれで楽しいし、私も見てみたいからそういうところにも足を運びますが、それって日本で言うと東京と京都しか知らないっていう感じにも似ていたりしています。

一方で、田舎には田舎の魅力って言うのが当然あります。
それは日本でも同じですよね?
しかしながらそういうのを知っているのは、現地に仕事で行ったことのある日本人、現地に住んでいる日本人くらいで、そういう人たちが持っているいい情報って言うのは観光関係の資料には巡って来ません。


言い換えれば、主要観光名所は行ったことがある人なら大概知っているけれど、その人たちは案外田舎の魅力を知らない、ということです。


そういうところに足を運ぶのはある種の冒険だと思いますし、英語すら通じなかったりもしますし、事前に下調べする必要が都市観光に比べればかなり重要になってきます。
結構精神力とか使うと思うんですよね。

でも行ってみれば、あぁこの国の暮らしって本当はこんな感じなんだ、とか、地方ではこんなものが作られているんだ、というその国の生活が見えてきたりします。
そうして得たもの見たものは、自分だけのものになります。

それに、田舎といえども観光場所はあったりします。
それは日本でも同じだと思うのですが、有名なものばかりではなく、ちょっとマイナーな、だけどとても歴史のあるものやとても魅力的なもの、っていうのを探すのも一興なんじゃないかなと思います。


国によっては田舎ってかなり鬼門だったりしますが、デンマークやスウェーデンは安全だと思います。
気が向いたら、海外の田舎に足を運んでみるのも、かなりオススメです。

イルカ

スポンサーサイト

Category : わたくしごと
Posted by ふたぎ おっと on  | 2 comments 

-2 Comments

夢幻キリコ says..."こんばんは^^"
以前東南アジアを各駅停車で旅行したことがあります^^
適当な駅で降りて、ゲストハウスに泊まってを繰り返して。
素朴な地元の人との触れ合いなんかもあって、とても楽しかったですね。
おっとさんのおっしゃる魅力、とても共感できます^^
北欧の田舎もいいですねぇ。
トランシルバニアとかの田舎にも行ってみたいです。
2015.04.04 23:16 | URL | #- [edit]
おっと says...""
キリコさん

東南アジアでゲストハウスっていうのもまた、いいですね。
ゲストハウスって、色んな国の人と知り合うきっかけにもなるし、そういうのが重なると英語も話せるようになるしで、色んなことを得ますよね。

思ったのは、その国の大まかな歴史を学ぶなら都市部の方ですが、生活を学ぶなら田舎なんじやないかなって思います。
まぁ、一概には言えませんが笑
2015.04.05 00:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。