ふたぎのあれこれ | 執筆、観劇をする傍ら思ったことをつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ふたぎ おっと on  | 

お絵描きウィークになってしまった

お久しぶりです、おっとです。


何かあるわけじゃないんですが、このブログひと月以上ほったらかしにしておくと、スポンサーサイトが宣伝を流し始めるらしいので、とにかく何か更新しなくちゃいけないみたいです。

ちなみに、前回のブログがライト文芸一次通過のことでしたけど、残念ながら二次は通らなかったのです泣
まぁ、落ちるような気もしていたのでそんなにダメージがあるわけではないし、直さなくちゃいけないところも多々あるので、ごもっともな結果だったかなと思います。
あと、レーベルカラーにも合ってなかったでしょうしね……。

やっぱり大賞云々を目指すなら、流行に乗るのがいいのですかね??
アンチ流行だと本当にキャッチーで面白いのを書かない限りは難しそうです><


さてさて、ここ最近フォロワーさんの数名にお絵描きを依頼されて何枚か描いていたのですが、自分の分も描きたいなぁと思って小説イラストを二枚新しく増やしました。

フーラとルイス ぼかし

まずはこちら。

Journey of Life』シリーズの一作目『獣人の島』のワンシーンです。
ちょうど「2-1.流れてきた人」の最後の方に当たるところなんですが、イタチ獣人の娘フーラと余所から来た人間ルイスが出会うところです。

このフーラ、自分が描いてきたどの女の子よりも一番可愛く描けてて、思わずアイコンにしてしまっています笑
PC版だとこの日記の右側もしくは下の方に『Journey of Life~獣人の島~』のバナーがありますが、その目だけの子もフーラです。
バナーの方は昔ペイントで描いたものなのでかなり粗くなってます。
ていうか、その頃より遥かに絵が上手くなった私!
バックもいい感じに描ければいいのですが、そこはまた精進が必要そうです。

ストーリーは、まぁ、獣人と人間が出会ってほんのり恋……するかしないかっていう話です。
内容的には何となくポカホンタスとリトルマーメイドを足して二で割ったみたいな感じの話。



戦犯の孫 書き直しjpg

二枚目はこれ。
同じく『Journey of Life』シリーズの二作目『戦犯の孫』。
もはやこれはワンシーンと言うより、ただの宣伝絵ですなww

一枚目のフーラとルイスと違って、かなり重苦しそうなイラストになってしまったけれど、内容も割と重めなので方向性としては間違っていないかなと。
個人的には「戦火の馬」とか「レ・ミゼラブル」のジャケットみたいなのを意識して描いてみました。
なかなかバックの雲を描くのが難しいです……。
あと空の色とかも。

ぱっと見の印象といいタイトルと言い、いかにも舞台が戦争中って感じがしそうですが、ストーリー自体は戦後5年後からスタートしています。
ざっくり言うと、戦犯の孫という立場が、ブランカ(白髪の子)の運命を大きく変える――的な話です。


両作品とも、おっとさんにしては真面目なロマンスになっているので、気になった方は是非是非お試しいただければと思います。

スポンサーサイト

Category : お絵かき
Posted by ふたぎ おっと on  | 2 comments 

-2 Comments

夢幻キリコ says..."こんばんは^^"
「獣人の島」は読了しているので、よく雰囲気がわかりました^^
フーラかわいいですよね(*^_^*)
イラストで見るとまた雰囲気が思い出されます。
作者ご自身で描かれたイラストですから、当然雰囲気バッチリですw
しかしおっとさんは小説も書けて絵もお上手で、美人さんだしスタイルもいいし頭もいいしで、どんだけ世の中は不公平かって話ですよね。
プンプン!
2015.08.29 01:06 | URL | #7Vwe54W6 [edit]
おっと says...""
>キリコさん

人物は段々思った通りに描けてきてるんですが、如何せん背景が私は苦手で……というか練習してないから下手くそなんですけど、なかなかこれが思うように描けないわけです><
今回は割とぼやぁっとした感じで善いかなと思ったので上の感じになりましたが、きちんと描こうとするには背景はこれからの課題かなと。

しかし、私は美人でもないしスタイルも良くないですよ><
平凡平凡です汗
2015.08.31 19:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。