ふたぎのあれこれ | 執筆、観劇をする傍ら思ったことをつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ふたぎ おっと on  | 

「The HUNCHBACK of NOTREDAME (ノートルダムの鐘)」のサントラレビューその2

こんにちは、ふたぎです。

さて、早速前回の続き、「The HUNCHBACK of NOTREDAME (ノートルダムの鐘)」のCDレビューをしていきたいと思います!
ユーチューブの動画リンクの貼り方も分かったので、動画が取得できたものは一緒に付きでお送りしますね!

9.GOD HELP the OUTCASTS



動画で歌っている人が、アメリカ版のエスメラルダ役シアラ・レニー。

映画版でも有名なこの歌。
ノートルダム大聖堂に逃げ込んだエスメラルダが、虐げられているジプシーや貧民達をどうか助けてあげてと、マリアやキリストに頭を垂れるシーンです。

宗教的なことをつっこむとアレなのですが、魔女狩り・人種差別がかなり激しいこの時代。
いくらジプシーと言えども何かに縋り付きたいような必死な背景が、目に浮かびます。
そんな想いを込めて歌うエスメラルダの悲痛な声が、とても切なくて、とても美しいです。

この歌はエスメラルダの圧倒的な歌唱力と、周りの虐げられていた人たちのコーラスがとても美しく、とても重厚で心を揺さぶられます。


10.TOP of The WORLD



この歌はですね、ミュージカル版の追加曲なんですが……
本当にやばいですよ!
やばいです!
本当にやばいです!!


ここでカジモドとエスメラルダが鐘楼で出会うわけですが、地上で虐げられてきたエスメラルダがノートルダム大聖堂の頂上からパリの街並みを眺めて、「地上で見るのと全く違う世界。この世界はとてもちっぽけで、みんな平等で、とても美しいのね」との感動を歌う場面です。
そんなシーンに心洗われるエスメラルダにカジモドが強く心惹かれていく場面でもあります!

そうして二人は友達同士に……!!・゚・(つД`)・゚・

このシーンが第一幕では一番盛り上がるシーンなんじゃないかと思うのです。
また、この曲は後々でもテーマになってくるほどに重要な歌でもあります。

とにかく、ふたぎイチオシのナンバーです!!


11.TAVERN SONG
12.HEAVEN’S LIGHT


一方でフロローはジプシー狩りに本気を出し始めます。
その対象であるエスメラルダを、フロローに見つからないうちにカジモドがノートルダム大聖堂から逃がします(TAVERN SONG)。
ここからまた不穏な感じを醸し出し始めます。
フロローやフィーバス隊長やらの思惑が渦巻き始めるところでもありますね(聴いた印象だと)

その後、人生で一番の癒しをくれたエスメラルダを思い出して、カジモドが余韻に浸ります(HEAVEN’S LIGHT)。

「天使が僕に微笑みをくれた」と胸いっぱいに幸せを噛みしめるカジモドの不器用さと嬉しさに、聴いている側もなんだか嬉しくなります!


13.HELLFIRE



この歌は映画版でもお馴染みのフロローの歌。
ディズニーヴィランズ曲に選ばれる名曲中の名曲です。

憎いはずのジプシーの娘に、何故こんなに心惹かれるのか……!
あれは魔女だぞ、しかし私はこんなに惑わされている!!
何故だ何故だ、マリア様ぁっ……!!

なシーンなわけです。
要するに、心に燃え上がる恋心に、元から歪んでいたフロロー判事が更に歪んでいくわけです((((゜Д゜)

このフロロー判事の独白がなんともなんとも……なんですが、本当に葛藤に満ちあふれた様子をフロロー役のパトリック・ページが完全に演じきっています。

そして彼を引き立てるコーラスが、本当に地獄からの使者のようでいて、不穏な雰囲気をかき立てています。


こうして「私を選ばぬのなら燃やしてやる!!」という歪んだ恋心が出来上がっていくわけですねノノ


14.ESMERALDA

これの動画が取得できないのがとても惜しい……ノノ
ミュージカル版追加曲であり、第一幕最後の歌です。

曲名が既に「エスメラルダ」なわけですが、要するに3人の男がエスメラルダを巡って三者三様の動きを示す場面であります。

例えば、エスメラルダへの歪んだ恋心を自覚(?)したフロロー判事は、ノートルダム大聖堂から彼女が逃げたと知ると、何としてでも彼女を捕まえようとパリ中を探しまくります。
その執念は本当に歪みまくっていて、罪のない民家を燃やし燃やし燃やしてはパリ中を火の海にしていこうとします。

そのフロロー判事の行いに追従していたフィーバス隊長は、フロローの「この家を燃やせ」という命令に背きます。

私に罪のない人を殺すなど出来ない!
私は私の信念で動く!!


と自身の考えを貫こうというフィーバス隊長の堂々たる姿は、とてもかっこよくて勇ましいですノノ
しかし、彼は胸を矢で撃たれてお尋ね者に……。

一方、パリが火の海になっていくのをノートルダム大聖堂から眺めていたカジモドは、「エスメラルダを助けなければ」という思いを募らせます。

一人のジプシーを巡る三人の心境・状況の変化が、舞台上でどうなっているのかがとても気になります。


以上までが第一幕の全て。


かなり胸熱展開になっての終わりに、第二幕が気になるところです。(もちろん歌は素晴らしいです)

そんな第二幕のレビューはまた次回。

スポンサーサイト

Category : ミュージカル
Posted by ふたぎ おっと on  | 2 comments 

-2 Comments

夢幻キリコ says..."こんばんは^^"
この作品はディズニーアニメであるのは知ってたのですが、ミュージカルは知りませんでした。
一度観てみたいなぁ^^
2016.04.01 23:49 | URL | #7Vwe54W6 [edit]
ふたぎ おっと says..."Re: こんばんは^^"
>キリコさん

どうやらこのミュージカルは去年・一昨年にディズニーカンパニーで出来たばかりみたいなのです。
ブロードウェイやロンドンのような大きいところで公演されていないので、私もすっかり見落としていました。
12月に四季で開幕だそうなので、要チェックですよ!


2016.04.03 14:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。